新たな味わいスパークリングワインの魅力

美味しく飲む為には、鮮度を維持するのも大切なポイント

スパークリングワイン酵母の泡 | マンズワイン

甘口は4℃を目安に冷やすと美味しくなるので、やや低めの温度設定で冷えるまで待ちましょう。
食後のデザート感覚で楽しめますし、甘みと共に酸味も感じられますから、爽やかなのに味の奥深さも味わえます。
一方の辛口は、やや高めの6℃から8℃あたりが狙い目で、スッキリ爽快の切れ味を楽しむのに丁度良い温度です。
冷やし過ぎるとシャープさが台無しになりますから、ここは必ず守って冷やし過ぎないようにしたいところです。
ワインでも炭酸入りとなると、カジュアルなイメージが増して格好良く開封したくなりがちです。
例えば、コルクを飛ばすと格好良く見られると思われますが、実は作法としては間違いで周りの迷惑のもなり得ます。
お祭りのような場でもない限りは、スマートに無駄なく開けるのが無難なので、その点を間違えないようにすることが大切です。
泡を最大限に美味しく味わいたいのであれば、開封してから少し時間をおいて、適度に発泡が収まってから注ぎ始めます。
回数にすると2回から3回に分けて、グラスの半分ちょっとを目標に注ぎ入れましょう。
これで炭酸が強過ぎず美味しさも丁度良い、ベストな条件の飲み方が実現します。
美味しく飲む為には、鮮度を維持するのも大切なポイントで、開封前の保存方法が良し悪しを左右します。
最適な保存温度は13℃前後で、飲む前に冷やす温度よりも少し高めです。

店頭で見掛けることが増えたスパークリングワインの特徴 : 美味しく飲む為には、鮮度を維持するのも大切なポイント : 新感覚としてワインの新しい魅力を教えてくれます